マタニティ整体スクール京都校ヘッダー画像
HOME > 資格紹介ページ

マタニティセラピスト

写真 マタニティセラピストとは、産前・産後の方々へ、整体の観点から主に痛みの改善・健康な体作り・痛みを 発生させないための予防エクササイズ・痛みの改善エクササイズを普及・指導させる役割があります。
マタニティセラピストの元には既に何らかの痛みや気になる事があり来院・相談されるケースがあります。

・マタニティセラピストは相手が訴えている症状を改善させることが第一の役割です。

・何故痛みが発生したかなどのメカニズムを相手方に伝える事が第二の役割です。  近年、情報の多様化により何が正しく・何が間違っているのか曖昧な状態です。 正しい知識・それに基づいた技術を提供することも同様です。

・痛みが改善された場合、再度痛みが出ないための体作り、また、痛みは全く感じない方でも 今後の健康の為の体作りにはエクササイズが非常に有効です。 その為、エクササイズを指導することが第三の役割となります。

そして、マタニティセラピストの特徴はなんと言っても妊婦さんに整体を施すことが可能ということです。
妊婦さんの為の整体を指導しているのは当協会しかありません。正しい知識があれば危険は全くありません。
また、妊娠・出産を経て産後の疲労した身体・骨盤も施術により改善させ、エクササイズにて健康な身体作りをサポートできるということです。 ただ単に、施術・エクササイズだけでなく、予防医学から家庭での生活環境にも入り込み痛みを発生させない痛みの軽減を図ることも特徴のひとつです。 マタニティセラピストは整体の手技・一般的な症状も習得・理解していますので産前・産後の方に限らず、一般の男性・女性にも対応が可能です。

マタニティセラピストは人の体に触れて痛みを取り除く事を目的とする、「痛みの改善スペシャリスト」です。
マタニティセラピスト受講内容にはマタニティエクササイズインストラクター資格も含まれております。


▲ページトップに戻る

マタニティエクササイズインストラクター

写真マタニティエクササイズインストラクターは、産前・産後の方々へ、 整体の観点から健康な体作りや痛みを発生させないための予防エクササイズ・痛みの改善エクササイズを普及・指導させる役割があります。
また、痛みが発生した場合など、何故、痛みが発生したのかというメカニズムを理解することで日常生活の予防に効果が期待できます。
しかしながら、マタニティエクササイズインストラクターはマタニティセラピストと違い技術面(手技)を学んでいないため実際に改善は図ることは不可能です。

その為、情報の提供やエクササイズ指導がメインとなります。

エクササイズといっても、激しい運動を行うわけではありません。
静的動作にて筋肉を解すやり方や正しい筋肉の動かし方を行います。
妊婦さんが心拍数をあげる運動を行う場合は専門家(医師・助産師)が立ち会わなければいけません。
また、妊婦さん個人個人では筋肉や体力の差は人それぞれです。
その為、長時間のウォーキングでも股関節を痛める方がいますし、妊娠期の筋肉の状態を知らずにヨガなどをおこなうとかえって股関節に痛みが出る方も多くいます。

妊娠期の体と上手く付き合っていく方法をマタニティエクササイズインストラクターが指導いたします。

マタニティエクササイズインストラクターは人前で教室・講座を開催する、「指導役スペシャリスト」です。
インストラクター上級資格は「マタニティセラピスト」になります。

▲ページトップに戻る